尾てい骨の黒ずみ対策

黒ずみが尾てい骨に出来る理由

 

骨が当たって黒ずみができる

 

お尻の黒ずみの中でも、外部と尾てい骨が当たる部分は、特に黒ずみが濃いものです。尾てい骨の部分は、座った時などに骨が付き出してしまうため、黒ずみが激しくなります。

 

お尻の尾てい骨に椅子などが当たると、摩擦が起きます。摩擦は黒ずみの原因になりますから、尾てい骨付近が黒ずみます。

 

脂肪が少ないから骨が当たりやすい

 

お尻の尾てい骨がある部分は、脂肪が少ない部分です。脂肪が少ないと、椅子の座った時などにかかる圧力は相当なものです。圧力が、尾てい骨ダイレクトに届いてしまい、黒ずみの範囲を膨らませます。

 

お尻の脂肪は、体重の乗ったお尻の圧力を吸収して、緩和してくれる存在です。しかし、尾てい骨付近には脂肪がありません。ですからお尻の黒ずみの中でも、尾てい骨あたりは黒ずみが激しくなります。

 

お尻の黒ずみにはメラニン色素が多く発生

 

お尻が黒ずんでしまう多くの理由は、メラニンの発生によるものです。メラニンは、摩擦や圧力、紫外線などを浴びたりすると過剰に生産されます。

 

メラニンを作りだすメラノサイトが過度に反応してしまうためです。メラニン色素が多く誕生した結果、黒ずみが生まれます。

 

摩擦や圧力によってできるお尻の黒ずみ

 

お尻の尾てい骨が大きな圧力や摩擦を受けると、メラニンは過剰に分泌され、増殖します。メラニン色素を増やさないよう、日頃から、摩擦や圧迫などの刺激を受けないようにすることが大切です。

 

お尻の尾てい骨の、黒ずみ解消のためにできること

 

尾てい骨の黒ずみは、日常生活で解消していく

 

お尻の尾てい骨に出来る黒ずみは、日常生活の中でも改善していくことが可能です。お尻の尾てい骨は、「どのような動作をした時に付き出てしまうのか」、を考えることによって改善の方法が見えてきます。

 

姿勢で解消、尾てい骨の黒ずみ

 

お尻の尾てい骨の黒ずみを解消するために最も大切なことは、美しい姿勢を取ることです。お尻の尾てい骨は、デスクワークや椅子に座った時に付き出ます。そして摩擦を起こします。

 

椅子に座った時に、お尻の尾てい骨が付き出ないような姿勢を心がけましょう。腰が反り返っていたり、猫背になっていると、お尻の尾てい骨は付き出しやすくなります。

 

他にもこんな、尾てい骨の黒ずみ解消法

 

お尻の尾てい骨の黒ずみをもっと早いスピードで解消したい方は、姿勢と合わせて、下着やクッションなどにも気を配るとよいでしょう。

 

下着はきついショーツなどはやめて、触り心地のよい素材のものに変えます。また、お尻の尾てい骨に椅子が直接当たるのを防ぐため、座布団やクッションをお尻の下に敷いて使うのもおすすめです。

 

ドーナツ形の座布団やクッションは、お尻の尾てい骨に椅子が当たらないばかりか、体重の圧力負荷も分散させてくれるので優秀な存在です。

 

日常生活の中では、尾てい骨が外部刺激を直接受けないように工夫することが望ましいでしょう。そうすることで、尾てい骨の黒ずみを予防したり、解消したりすることにつながっていきます。

 

尾てい骨の黒ずみは、皮膚の乾燥を防ぐと効果的

 

お尻の尾てい骨の黒ずみは、保湿のお手入れをしっかり行うことでも解消の近道になります。お尻の皮膚の乾燥は、黒ずみを生み出す原因の一つです。

 

尾てい骨周りが乾燥しないように、ヒップ専用の保湿ジェルなどを塗って乾燥を防ぎましょう。

 

まとめ

 

お尻の尾てい骨の黒ずみは、かなり気になるものです。デスクワーク時や椅子に座る時は、美しい姿勢を心がけましょう。

 

また、下着の大きさや素材を変えたり、座る時に座布団やクッションを利用するのもよいでしょう。そして乾燥を防ぐために、保湿ジェルを使って、毎日のお手入れを行うことも欠かさないようにしましょう。